Krorma Magazine: Battambang Boutique Hotel

Battambang shows us a true face of Cambodia, unadulterated by tourism.
Bric-à-Brac, a small boutique hotel situated in the streets of colonial architecture, has a reputation as a tourism spot to not only stay, but also to discover the charm of the Battambang. This time, we interviewed two friendly guys who are the owners of this hotel about the charm of a Battambang journey.

Q&A: Why did you move to Battambang?

Morrison We come from Sydney, but we love Southeast Asia for its foods and culture. Cambo- dia is a good place to enjoy a leisurely life. I manage this hotel, while continuing to make art works. Robert researches local recipes for his next cookbook and travel writing.

Robert There are several reasons why we chose Battambang, including its convenient location, it’s a hub between Bangkok, Phnom Penh and Siem Reap. Most of all, Battambang shows us a true face ofCambodia,unadulteratedbytourism. Butmost of all, we both love the beautiful colonial architec- ture dating back to the French protectorate.

Battambang is not a major area for Japanese travellers, but I saw a lot of Westerners. Why do they enjoy Battambang?

Morrison Battambang has many ancient ruins, and the downtown streets of colonial architecture are compact and easy to walk. There are numerous cafés and it’s a hub for galleries featuring local artists. There are also hotels to suit any budget and quality, plus a selection of both Khmer and foreign restaurants, and a wealth of street food as well, such as the newly revampednightmarket.Mosttravelerstendto stay 2-3nightsbut I’drecommenduptoaweek.

Robert The point of staying in Battambang is to “relax during the trip”. Staying in Siem Reap and Phnom Penh is exciting but everyone is quite tired by the time they check out. Come to Battambang when you are “templed out.”

In the morning refresh over a leisurely breakfast and espresso, hang about the art galleries and take in the architecture. Then rent a bicycle or hire a tuk tuk to view ancient Khmer temples. Take it slow, without pressures. After lunch, take a nap like the locals, and cool off in the evening over a sunset drinkatabar.Candidly, I will go to bed by 10 o’clock.

お二人はなぜバッタンバンへ?

モリソン 僕たちはシドニーから来たんだ。二人とも東南アジアが好きでね。その中でも、ゆっくり人生を楽しむにはカンボジアは良いところさ。僕はこのホテルを経営する傍らでアート作品を作っている。ロバートは料理の研究と物書きに勤しんでいるんだ。

ロバート なぜバッタンバンかという理由は幾つかあるね。ひとつはここがバンコクやプノンペンの様な街へ行くのに便利な場所だから。ひとつはコロニアルの美しい街並みを気に入ったからだね。一番の理由は、バッタンバンは本当のカンボジアの良さを感じられるところだからさ。

モリソン プノンペンは政治と経済の街、シェムリアップは観光の街で、どこか余所行きな感じがちゃってね。バッタンバンはカンボジアが素顔を見せてくれる所なんだ。田園風景、文化、芸術。どれも素朴だけど、すごくこの国らしさに溢れてる。それでここに僕たちの新しい家を構えることにしたのさ。

 

バッタンバンは日本人旅行者にはあまりメジャーな地域ではないのですが、西洋人を多く見かけますね。彼らはどうバッタンバンを楽しんでいるんですか?

モリソン うーん、バッタンバンは幾つか古い遺跡もあるし、コロニアル建築の街並みはこじんまりしているけど、カフェやギャラリーがあって、のんびり歩きながら散策するのにはうってつけのところだよね。宿泊施設もなかなか個性的なものが多いし、食べるものも結構充実しているよ。

でも大体の旅行者は2~3泊だね。僕は1週間くらいいることをお勧めしたいよ。

ロバート 1週間は流石に長いかもしれないけど、それわかるよ。バッタンバン滞在のポイントは「旅の休息」。シェムリアップやプノンペンでの滞在は刺激的だけど、皆結構疲れてる。バッタンバンではせかせかしないことが大切さ。朝はすっきり起きて街をぶらぶらして、遺跡や寺院に行ってゆったりと流れる時を感じるのも好し。昼ご飯を食べたら昼寝して、夕涼みをして、日が沈んだらバーで飲んで、でも10時には寝ちゃう。

モリソン そうそう、バッタンバンに来る際は、ボートで来るのも良い。水辺の景色はなかなか見ものだよ。鉄道も運行を再開したしね。そんな感じで過ごしていると、この国の本当の良さが見えてくるんじゃないかな。

 

バッタンバンの魅力をまとめると?

ロバート まずは建物。ここまで手付かずで古いコロニアル建築が残っているのは、珍しいことさ。それからアート。若い人たちが切磋琢磨している。そして都市のこじんまりとしたスケール感だね。もちろん人も良いよ、皆お互いに親切でこの街を好いてる。

モリソン 誰かが僕に聞くんだ「バッタンバンを好きかい?」ってね。そうしたら僕はしかめっ面でこうこたえるのさ。「いや、好きじゃないね。愛してる。」ってね。それぐらいこの街を気に入ってるよ!